派遣から正社員の保育士へ!選べる三つの選択肢とは?


紹介予定派遣を使う方法

派遣社員として働いている保育士が正社員になるための道として最も単純なのは紹介予定派遣を使う方法です。紹介予定派遣とは半年程度の派遣期間を終えた後、派遣社員、派遣先、派遣元の三者が合意することによって派遣先の施設が保育士を正社員として雇用できる派遣方法になっています。派遣先からも必要とされ、自分としても働きたいと思う現場で正社員になれるのが魅力でしょう。ただし、裏を返せば派遣先から有用な人材として実力を認めてもらわなければならないので注意が必要です。

派遣先で相談する方法

今の派遣先がとても魅力的な職場で、ここで正社員になりたいという場合もあるでしょう。この場合には派遣先の上司に相談してみるのが良い方法です。もし本当に必要な人材だと思ってくれているなら、派遣期間が終わった後も現場で働いて欲しいと考えているでしょう。本人にもその意志があるのなら前向きに検討してくれる可能性があります。派遣会社に多額の費用を払うことになるので正社員にしてくれるかはケースバイケースですが、相談してみる価値はあるでしょう。

正社員に転職する方法

派遣で働いてきた保育士は転職して正社員を目指すこともできます。多くの地域では正社員として働いてくれる保育士を渇望しているので比較的転職先を探すのは容易です。派遣で働いていた経験をどこまで高く評価してくれるかは施設によって異なりますが、未経験ではないという判断はしてもらえるでしょう。経歴を高く評価してくれる施設を見つけられれば高い待遇で受け入れてもらえる可能性もあります。

保育士の派遣を大阪の会社にするなら、大阪に限定した地域密着の求人サイトであればより具体的な情報を得られます。