「福利厚生が充実=優良企業」は本当に正しい判断?


福利厚生は2つに分類される

仕事を探す過程では業務内容や給与だけでなく、企業の福利厚生も重視する人が増加傾向にあります。その福利厚生とは、法定福利厚生と法定外福利厚生に分かれていることを知っているでしょうか?

法定福利厚生とは、社会保険料や厚生年金保険料の負担などの法律で定められている福利厚生をことを指します。これに対し法定外福利厚生とは、社員の健康管理をはじめとするさまざまな健康サポート、社員寮の提供や住宅手当の支給などのことを指します。また近年は従業員のキャリアアップを支援したり、誕生日の特別休暇制度を設ける企業が増加していますが、これらはすべて法定外福利厚生に含まれます。給与以外に支給される報酬や提供される支援が法定外福利厚生に該当すると考えれば理解しやすいでしょう。

目を向けなければならないのは労働環境

法定外福利厚生も報酬の一部に該当するのなら、求職者がその充実ぶりを重視するのは当然だといえます。しかし法定外福利厚生に注力している企業が優れた企業かというと、その判断には少し疑問が残ります。企業が本気で優良企業を目指すなら、真っ先に注力すべきことは労働環境の整備だからです。どれだけ法定外福利厚生が手厚くても、残業時間が多かったり有給休暇を使いづらい風土があると、働いている社員は優良企業だと感じませんよね。求人サイトを見ると福利厚生が充実していることをやたらとアピールする企業が目立ちますが、求職者が本当に重視すべきは、時間外の労働時間や有給休暇の取得率なのです。

仕事探しをしたいけど、なんだかやる気が出ない」という方もいるでしょう。しかし、立ち止まってばかりではいつまでも前には進めません。まずは勇気を出して一歩踏み出すことから始めましょう。