ドライバーの仕事をするには?仕事の種類と必要な資格


ドライバーの仕事の種類と仕事内容

ドライバーの仕事は、簡単にいうと様々な車を運転する仕事ですが、実は多くの種類があり、仕事内容にも大きな違いがあります。例えば、荷物や商品を遠くへ運ぶ大型トラックのドライバーは、勤務時間が長く一人の時間が多い仕事です。小型トラックのドライバーは、近距離の配達などが多く、頻繁に荷物の出し入れを行ったり決まった時間に届けたりといった仕事が主になります。街中を走行しているタクシーや路線バスのドライバーは、お客様を乗せる仕事になるため、人と関わることが好きな方が向いている仕事といえます。高速バスや観光バスのドライバーは、長時間の勤務となることが多い仕事です。他にも、ドライバーには多くの種類があるため、仕事を選ぶ際にはそれぞれの違いをよく確認しておくことが大切です。

ドライバーになるために必要な資格とは

ドライバーとして働くには、それぞれ必要な資格があります。トラックのドライバーには、第一種運転免許が必要です。運転するトラックの車両総重量・最大積載量・乗車定員によって、必要な免許が違い、それぞれ大型一種免許・中型一種免許・準中型一種免許などを取得すると公道で運転できるようになります。タクシーやバスなど、人を乗せるのに料金が発生している場合は、第二種免許が必要です。第二種免許についても、運転する車によって、大型二種免許・中型二種免許・普通二種免許のいずれかを取得することとなります。どの免許も、取得するためには条件があるため、事前に確認しましょう。また、多くの運送会社やタクシー会社などでは、入社後に資格取得のためのバックアップや費用負担を行う制度を実施しているため、安心して挑戦できそうですね。

京都のドライバーの求人は、インバウンド客をターゲットとした観光タクシーや観光バスの運転手など他の地域にはないものが目立ちます。