チャットとビデオに慣れよう!仕事探しの下準備とは?

採用活動でチャットとビデオが使われるようになった

仕事探しを始めるときには下準備として最新のITに慣れておくのが大切です。ビジネスシーンでも多様なITツールが利用されるようになりましたが、採用活動も例外ではありません。メールや電話、郵送での連絡だけでなく、オンラインのコミュニケーションツールもよく利用されています。スムーズに連絡を取れるのが大きなメリットで、採用プロセスの業務効率化を目指して導入する事例が多いのが特徴です。典型的なツールとしてチャットツールとビデオ会議システムが挙げられます。業務でも使用されるケースが増えていることから、応募後の担当者との連絡でスムーズにツールを使えるかは見られているポイントです。チャットとビデオには慣れておくことが重要になっています。

ビデオは面接にも使われる

仕事探しをするときには最終的には面接を受ける必要があります。ITツールに慣れる必要があるのは、面接でもビデオ会議システムが利用されることが多くなったからです。ウェブ面接ともよく言われている方法で、音声と映像を使って面接をする仕組みになっています。場合によってはプレゼンテーション資料を共有して、指し示しながら面接を受けることもあるでしょう。ビデオツールを使いこなして面接に対応できるかどうかというスキルを見られることになるので注意が必要です。ウェブ面接のときにはシステムをすぐに使えるスキルがあることが重視されています。有名なビデオ会議システムは一度は使う経験をしておきましょう。

株式会社ワールドインテックは人材派遣や総合コンサルティング、人事コンサルティングなどの事業を行っている会社です。日本の企業で本社は福岡県にあります。